法福寺は、大同元年(西暦806年)に建立された歴史あるお寺でございます。場所は清流黒部川の右岸、黒部平野を見下ろす明日(あけび)地区の一番奥に位置します。

境内には、七間四面の観音堂、庫裏、鐘撞堂、弁天池、明日大桜(県指定天然記念物)があります。この度、この一画に納骨堂を建立することになりました。

富山県では、ほとんどの家庭がお墓を持っております。しかし近年、核家族少子高齢化、過疎化のためにお墓の維持管理が難しくなったり、無縁墓の心配をされる方が増えてきています。また、お墓を新しく購入するにも高価であったり、子供に維持管理等の負担をかけたくないと考える方もございます。

当寺は、このような心配ごとを解消するひとつの手段として納骨堂の建立を思い立ちました。この納骨堂は、いろんな方にご利用頂きたく、特に宗派を問いません。また、利用するにあたり当寺の檀家になっていただく必要もございません。御堂は独立した建物ですので、気軽にお参り頂けます。(春秋彼岸、御盆、観音祭、納骨堂法要以外は、普段は管理上閉じています。納骨お参りの際はご連絡下さいませ。また、12月から春彼岸の間は、雪のため基本的には開けることはしません)

お墓のように草刈り、掃除の心配する必要もありません。御堂の前まで車で来ることもできます。供養につきましては、毎日のお勤めの外に年に一度、納骨堂の法要を厳修いたします。

時代の変化と共に生活様式が多様化しておりますが、当寺といたしましては変わらない仏様の御教えのもと皆様のご多幸を日々祈念しており、少しでも多くの方々のお役にたてれば幸いと思い、精進してまいります。

合 掌

法福寺 住職

法福寺 住職 関口 清浩

納骨堂利用規約

  1. 法福寺納骨堂の施設を使用するときは、次にあげる手続きをすることとする。
    (1)納骨壇を使用とするものは、納骨壇使用権を購入する。また、別途管理料(50年分一括)を収める。
    (2)納骨壇を使用せず骨壺のみを安置する場合は、納骨料を納める。
  2. 納骨壇を使用する権利は、相続人または、親族等で祖先の祭祀を主宰する者に限り継承することができる。
  3. 納骨壇使用権は50年とする。延長して使用する場合は、再契約するもとする。
  4. 次のいずれかに該当するときは、納骨壇使用権は消滅する。
    (1)使用者が死亡し、相続人または親族縁故者に祭祀を主宰する者がいないとき、または相続人に連絡がとれないとき。
    (2)使用者が、使用を取り消したとき。
    (3)他の使用、又は参拝者に対し迷惑をかけたり定める規則等に反するとき。
  5. 納骨壇の使用権は、他人に転貸し、または譲渡することはできない。
  6. 使用権が消滅した場合、 相続人または親族縁故者に祭祀を主宰する者がいないときは、骨壺は収骨堂に納めることができる。
    位牌仏具等は処分することができる。(この場合、収骨堂とは、お骨のみを収める施設をいう)
  7. 既納の使用料管理料納骨料は基本返還しない。
    ただし5年以内であれば、管理料を一部返還をすることができる。
  8. 納骨壇を使用するときは、骨壺又は参拝に必要なもの(燭台、香炉、御鈴等)以外は置かないものとする。
  9. 納骨堂の拝観は、春彼岸から11月末日までとする。春秋彼岸、御盆、観音祭、納骨堂法要のときは時間を定めて自由参拝できる。例外は、前もって連絡することとする。
  10. 宗教法人法福寺は、いずれかに該当するときは、利用者に対し損害を賠償しないこととする。
    (1)天災(地震、落雷、台風等)によって納骨堂が被害被害を受けたとき。
    (2)不審火等により納骨堂が被害を受けたとき